スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりねえ、仕方がないか。

  • 2008/12/05(金) 21:09:18


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           F1レース活動について
             2008年12月5日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退する
ことを決定いたしました。

 サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、
各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネ
ス環境は急速に悪化してきています。
 当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時
間がかかることが予想されます。

 Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシ
ブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の
効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしま
した。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってき
たHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含
め従業員と協議にはいります。

 Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という
新しい形での参戦をいたしました。その後のF1を取り巻く環境変化によ
り2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。
最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの
応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。頂いたご声
援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともな
う決断でした。

 今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチャレンジン
グ・スピリットをもって、様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてま
いります。

 これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支
えてくださったF1界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。

 尚、来年、鈴鹿サーキットでは予定どおりF1日本グランプリを開催い
たします。来シーズンに向けての改修工事も順調に進んでおります。

 ありがとうございました。



 本田技研工業株式会社
 代表取締役社長
 福井 威夫



現在の状況下では、F1の続行は会社にとっては負担だろうし、それほどメリットがあるとも思えないものね。
今年度のポイント獲得は14ポイントしかとれず、イメージの低下も大きく、圧倒的に強かった昔のホンダのイメージからすれば今は会社のお荷物でしょう。
お金も掛かるけれど、世間様ではエコ、エコと低燃費、自然保護、温暖化緩和などというF1活動とは相反する方向に向いている。
ホンダがF1撤退の方向に行かざるえないのもやむを得ませんね。

いつか景気が良くなって、自動車産業に明るい陽射しがさすようになっても、今のようなF1があるかどうかもわからないなあ。

ああ懐かしや、懐かしや。

  • 2008/12/04(木) 21:01:14

2008年12月4日
アコードシリーズをフルモデルチェンジし発売

 Hondaは、存在感のあるスタイリングや優れた走行性能に加え、車両挙動安定化制御システム<VSA>やサイドカーテンエアバッグなどの先進・安全装備を全タイプに標準装備した、新型アコードシリーズ「アコード/アコードツアラー」を、12月5日(金)に発売する。

 アコードは、1976年の初代誕生以来、一貫して「人とクルマの調和」をコンセプトにHondaならではの技術と発想でクルマの本質を見つめ、世界中の人々にクルマの新しい価値を提供してきた。8代目となる今回、「アドバンスド・クオリティ」をキーワードに、あらゆる性能や機能を本質から細部に至るまで徹底的にこだわり、全身にわたり大幅に「質」を向上させた。



「アコード」というのは、3ドアのHBスタイルの車として、当時人気絶頂だったシビックの兄貴分として出てきた車であります。とても柔らかなふっくらしたデザインの車で、当時は実に爽やかな車でしたね。
ハッチバックというのが当時が新しい車のイメージだったものです。
トランクゲートを揚げると、広いラゲッジスペースを作り出せるというハッチバックの魅力は、若い世代のちょっと裕福層にアピールしたもので、洒落た車に思えたものです。

今度の発売で、八代目となると言う事だが七代目とは余りかけ離れたデザインではない。
今ではまるで違う上級車になってしまったが、ホンダもシビックとの間にいろいろ車を作り、またアコードの上にも高級車を作ってしまったので、ほとんど目立たない車です。

「シビック」とアコードという名前は、ホンダが車作りを始めた当初の由緒あるブランド名であり、もう少しこの名前を大事に売ってくれると、私のような往年のホンダファンはうれしいのだけれど・・・・。

そういえばホンダには、サンルーフを初めて国産で架装して“プレリュード”という名車もあったのですがね。

二つの車のニュースでも。・・・・その②

  • 2008/09/18(木) 07:23:46

数日前知ったポルシェの4ドアスポーツカーの写真を別のサイトで見つけた。
<公開された画像ではノーズ部分の写真だけ>
車pana01
誰が見ても、一部を見てもこれは「ポルシェ」。
日本にはこんな主張をする車はあまりないのでは・・・・。

ポルシェ・パナメーラのティーザー・キャンペーン開始
2008年09月17日 ホビダス・オート
9月15日、ポルシェAGは、2009年に発売予定の新型グランツーリスモであるパナメーラのティーザー・キャンペーンを、パナメーラ・オンラインマガジンにおいて開始した。



もう一つはこれも実に分かりやすい。
<パリショーで公開するという新世代ランボルギーニのコンセプトカーの一部>
車lam01

【パリ08】新世代ランボルギーニのコンセプトが公開
2008年09月17日ホビダス・オート
アウトモビリ・ランボルギーニS.p.Aは、10月2日に開幕するパリ国際自動車ショー(パリショー)において、新世代ランボルギーニのコンセプトを公開する。
 ランボルギーニによれば、このモデルは“単なる新しいランボルギーニではなく、新しいランボルギーニの世界を示したモデル”だという。


欧米人は個性的で、自分の主張を唱えるが、やはりこうしたモノまで自分のアイデンティティが感じられる。
素人目にはランボルギーニは直線的で、簡単なデザインで誰でも線を引くとこのラインになるような気がする。大いなる間違いではあるけれど・・・・。
でも早く見ては見たいと感じますね。

ついでですが、こんな車まで・・・・。
<奥山清行氏のデザインになるK.O 7(ケーオーセブン)>
車ko7

ケン奥山デザインの2座オープン・スポーツ、K.O 7発売
2008年09月17日ホビダス・オート
 かつてピニンファリーナにおいてデザインディレクターを務め、エンツォ・フェラーリやマセラティ・クアトロポルテなどのデザインを手がけたことで知られる、“ケン奥山”こと工業デザイナーの奥山清行氏が主宰する日本のカロッツェリア、KEN OKUYAMA DESIGNは、今春ジュネーブショーで世界初公開した2シーター・オープン・スポーツのK.O 7(ケーオーセブン)を発表。11月1日午前0時に同社ウェブサイトにおいて受注を開始する。


この車は、制作過程がTVで特集をしていたので、とても面白く感じていました。
でもお値段はハンドメイドとはいえ、消費税別で1950万円から。しかも年産99台というところが味噌ですね。
こんな小さな車に見えるK.O 7(ケーオーセブン)が、全長こそ短いが、幅は1850mmと911Carera4なみです。
しかも最高出力200~240psのパワーで750kgの軽量ボディは、軽々と機敏なスポーツカーとして立派な走りをするのでしょう。
東北の田舎から世界へ発信する名車になればいいですねえ。期待をしましょう。

二つの車のニュースでも。

  • 2008/09/16(火) 20:21:40

<スーパーGTでの勇姿“GTーR”>
車SUPERGTMOTE07

スーパーGT:GT-Rが今季5勝目 初優勝の横溝組「完璧な週末」

 自動車レースの国際シリーズ「スーパーGT」第7戦の決勝が14日、栃木県茂木町にある「ツインリンクもてぎ」(1周4.801キロ、決勝63周)で開かれた。GT500クラスでは、予選1番手の「ロニー・クインタレッリ/横溝直輝組」(日産GT-R)が、最速ラップをたたき出し今季初優勝。GT-Rにシーズン5度目の優勝をもたらした。2位には「ラルフ・ファーマン/伊沢拓也組」(ホンダNSX)、3位は「脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組」(トヨタSC430)が入った。


この車、GT-Rが出てきて日本のレース界も若干様子が変わった。そのくらいに凄く、素晴らしい車だなあと感じる。
2005年のモーターショーの時には、若干フロントから見るとホンダのロゴマークをイメージさせるデザインでおかしいな感じたが、2007年には『H』の足の部分が切れ、ホンダのロゴとは違ってきた。
その折実車に乗せていただいたが、中味も内装も実にスポーティで、世界にスポーツカーに比肩できる実力ある車だと感じた。しかも価格が安いので買いやすいとも思ったのだが、なにぶん年をとってしまって、普段乗りには疲れるだろうな。

またまたミーハーですが、このイエローハットのコンパニオンにはかつて“相馬茜”さんがいらしたですなあ。

<かのポルシェに4ドアスポーツカー?>
車ps01

ポルシェから新たな4人乗りFRスポーツ その名は「ポルシェ・パナメーラ」
Driving Future [2005/08/04]
いままさに絶好調のセールスを記録中のポルシェから、911、ボクスター、カイエン、さらには近い将来発売予定のケイマンに続くニューモデルが登場するとのニュースが配信された。そのニューモデルは、すでに取締役会で開発・生産が承認され、2009年の市場投入に向け準備が進められているようだ。詳細が決定するのはこれからだろうが、すでに分かっているのは、それが「4人乗りのFRスポーツクーペ」になるということ。


これはこれでちょっと意外なニュースですな。
イメージデザインからしても、ポルシェのインパクトは強い気がします。
ハイブリッドもあるらしいとなると、やはり時代は地球温暖化について考えないメーカーは、時代遅れと言う事になるのでしょうね。

ちょっと違ってるかなあ?

  • 2008/09/15(月) 20:33:13

この年になっても、気にはなっている事がある。
メタボリック云々で、いろいろ案内は来るがこれは気にしていない。
気にしているのはF-1のリザルトであります。
気にしているだけで、どこがファンで、誰を応援しているわけでもないけれど・・・。

Jr.ではないピケさんとご子息ではない中嶋さんからいただいたサインが、何処かにあるくらいだからちょっとしたミーハーだった時期もある程度のファンであります。
でも未だちょっとくらいは、好きなのです。

10位 M.ウェーバー(レッドブル) 20pt
11位 T.グロック(トヨタ) 15pt
12位 N.ピケJr.(ルノー) 13pt
13位 ルーベンス・バリチェロ(Honda Racing F1 Team) 11pt
14位 N.ロズベルグ(ウィリアムズ) 9pt
15位 中嶋一貴(ウィリアムズ) 8pt

16位 D.クルサード(レッドブル) 6pt


レッドブルの二人の合計は、26ptなのですが、
コンストラクターの集計で、こんな数字が書いてあるものがありましたね。

1位 フェラーリ 134pt
2位 マクラーレン 129pt
3位 BMWザウバー 117pt
4位 トヨタ 41pt
5位 ルノー 41pt
6位 トロロッソ 27pt

7位 レッドブル 25pt
8位 ウィリアムズ 17pt
9位 Honda Racing F1 Team 14pt
10位 フォースインディア 0pt
11位 SUPER AGURI F1 TEAM 0pt


これってたんに集計間違いだと思うけれど・・・・。
信頼できる大手メーカーさんのニュースからなので、何か理由があるのですかね?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。