スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大江戸生活体験事情」で体験できること

  • 2008/02/10(日) 08:58:57

edotaiken.jpg
<「大江戸生活体験事情」の表紙>
石川英輔さんは、学者だ。
実践的科学を、江戸時代に戻して、私たちに噛み砕いてお教え下さっている。
時間の事や、暦、灯火、着物の生活・・・
知りたい、しかも体験できない部分まで踏み込んで、実践的に・・・

時計は自分でこしらえ、火をおこす火打ち石の話では、火口(ほくち)を自作し、照明の話では、簡易行灯を作り方の説明までされている。
あたかも。読者たちを江戸の世界へあざなうように・・・
着火道具のない時代の火おこしの難しさ、行灯のような燃料を燃やす照明の暗さ、例えば、行灯を100個以上並べて、ようやく60ワットの電球並みの明るさが得られることや、かなり具体的なお話が載っている。
anndon01.jpg
<行灯の暗さの中、縫い物をする女性の風俗絵>

石川英輔さんが道具をこさえるときは二つ作って、共著の田中優子さんにも差し上げられるようで、田中さんはそれを使って話されている。
石川英輔さんがいみじくも、書かれていることが感じ入った。
「われわれの便利な生活が、生物として、あるいは動物として本当にすぐれたまともな生活かといえば、はなはだ怪しいものである。蛇口をひねれば湯が出る、スイッチを押せば明かりがつく、と言う便利さを支えている裏側で、犠牲にしていることの大きさを見れば、江戸時代の先祖たちが暗い行灯を使っていたことに同情するのは、見当違いもいいところではなかろうか」
長い引例ではあるが、大事なお言葉だ。

本当に大事なことは、不便で非科学的な時代ではあるが、エネルギーのロスが少なく、人間一個人の無駄に使う資源の少なさである。
自分たちが、害になるものを作らず、自然の中で、ごく自然に生きて、朽ちて行くさまが良く理解できる。

人間本来の美しさを感じる本だった。

案外に人気があるものなのだ・・・

  • 2007/11/14(水) 10:01:38

私は時代小説、しかも江戸時代のものばかりを読んでいるので、江戸の町にも江戸そのものにも興味が深い。

メルマガ・マイコミの13日の記事に、
「特別展「大徳川展」会場混雑 - 最大40分待ちも」
という見出しで情報が載っている。

東京国立博物館は、同館平成館にて12月2日まで開催している特別展「大徳川展」の混雑状況を公式ページ上で発表した。
11月3日には来場者が15万人を突破。日によっては入場制限がかけられ、最大40分待ちになることもあるという。同館は「大徳川展は展示作品数が多く、観覧時間が非常に長くかかります。時間に余裕をもってお出かけください。」


時間が許せば見に行きたかったのだけれど、あんまり遊んでばかりもいられぬ状況ですので、またの機会に出かけてみたい。

世界中の権力者が、金と力に物を言わせて素晴らしいものを拵える。作るのは当代一流の技巧者が、腕と贅をこらして残した極一流品である。
権力者の構造はそうしたものでとても嫌だが、当時に生きていない我々には超一級の芸術品として残ってくる。
今回の特別展「大徳川展」には、そうして残された品々を拝見することが出来る。
当時の工芸の技術力の高さ、力を持ったものの奢りを体現してみたかった。




今更という感じで、見せられたもの。

  • 2007/11/12(月) 07:56:34

<雑誌の挟み込みページとおぼしき特集記事>
20071112073114.jpg

何かの雑誌の挟み込み特集記事になっていた五、六ページほどの切り抜きを家内が貰ってきた。
彼女は愉しそうに、「ね、ここの何処に行ってきた?」と聞いてくる。
よく見ると『江戸開府400年一日たっぷりお江戸三昧』となっていて、
“両国~浅草”“深川界隈”“日本橋界隈”が特集されている。

それこそ先月の末、「深川ってえ所は、良かったねえ。」という事で、言ったばかりの所が沢山出ている。
新たにあの時のウキウキする愉しい気分を思い出しながら、たった二ページの記事を懐かしく隅から隅まで眺めた。

清澄庭園より以北は歩かなかったし、永代通りも木場までも行かなかったので、ほんの僅かな所をうろうろしたんだなと実感した。今更にもう一足という気はしている。
でもこの記事を見ると、何屋さんだろうと覗いたお店が甘味処「いり江」であったり、深川めしの「みや古」というお店が載っていたりと行くより前に見ていればという残念な気も致しました。
この甘味処「いり江」の写真を見るととても美味しそうだし、しかものれんの所まで行って覗いたわけだし、深川めしも別の名でしたが、探していた店がお休みでしたし、やっぱりこうした下調べは大事でしたね。

うん?この深川めしの「みや古」って、この記事でも休みは月曜日になっている。ということは、深川散策は月曜日以外が良いと言うことになりますね。
でもそれ以外の所は充分見たし、この記事に載っているお土産や「たかはし」の変なちょんまげ親父とも話したし、満足満足!!!

深川ってえ所は、良かったねえ。

  • 2007/10/29(月) 21:39:14

朝早く、宮崎の田舎を飛び出して、東京へ着いた。
モノレール、地下鉄を乗り継いで、やっとやって来ました、深川へ。
地下鉄を地上に出たところが、永代通りの交差点。
早速、永代橋までお散歩。

思ったより近代の橋は短く感じるものだ。
橋の上から見る風景が私のあこがれた大川の風景。
上にも橋が沢山見え、下には佃のビル群がそびえている。
やっぱり時代は違ってますよ。

門前仲町あたりを散策すると、これが途端に古い時代にトリップした感じ。実に情緒のある風景現れて、イメージした処はこんなところだったな。
しかし信仰の力は凄いものだ。また人口が多いのもその力を増幅するとみえ、寺社仏閣の大きさと多さにもびっくりしました。
沢山の堀と小橋を見つけて、少なからず小説の世界を垣間見たような気分でした。
<深川散策で出会った風景・深川不動尊大伽藍>
20071102215919.jpg

<深川散策で出会った風景・富岡八幡宮社殿>
20071102220100.jpg

<深川散策で出会った風景・運河のような四通八達の堀>
20071102220127.jpg


清澄庭園まで足を伸ばし、ここをまたゆっくりお散歩。身近にこんなところがあるのも羨ましく感激。

<深川散策で出会った風景・清澄庭園>
20071102220607.jpg

20071102220636.jpg

「深川江戸資料館」の覗いて、江戸情緒に浸りました。
中で座っていたおじさんの案内係さまは、とても江戸人的で、おしゃべりして雰囲気ありましたね。

<深川江戸資料館・原寸大の江戸の町が再現>
20071102220904.jpg


またとぼとぼ歩いて、門前仲町。
ここから深川を離れて、両国へ。
翌朝、モーターショーの会場まで総武線にのらなければいけないのと、「江戸東京博物館」に行く計画をしていたので、本日は両国泊まり。
でも、ネットででかい建物だったので予約を入れたが、これは失敗。
ほとんどビジネスホテルの感じで狭い狭い。

食事は外で、一人でちゃんこ。
疲れて本日はぐっすりでした。

それから大変の申し訳ないことは、たまたま東京で会いましょうとお誘いがあった方の連絡を見遅れていて、お会いできなかったことでした。

珍しいものを拝観してきました

  • 2007/10/17(水) 20:17:13

<地元新聞に掲載されたニュース>
20071017195918.jpg

これは地元宮崎日日新聞の切り抜きですが、安藤広重(歌川広重)の『東海道五十三次名所図会』の安政二年(1855年)の初版刷りが見つかったということが書かれている。全部で55枚揃っていて、一般公開されているということでした。
<新聞に掲載された『東海道五十三次名所図会』の中の一枚>
20071017200522.jpg

普段に見慣れた横版のものではなく縦長のもので、さすがに褪色が酷く、鮮やかな色合いは失せてはいましたが、絵柄、刷り等一流の人がなさった仕事が感じられる。
<展示場所に余裕なく、下げられた版画の数々>
20071017201803.jpg

そこで観に行ってきました。拝観料も無料でしたが、“鶴松館”という佐土原の資料館の如き建物の一室に、他の資料の類と渾然と飾られていました。
雑然と並ぶ品々の中に、壁際にぎりぎり吊されている姿は、照明も悪く、ただ並べて見せたよという感じで残念です。
沢山の漫然とした整理整頓されていない資料があふれる中では可哀相な気もする。せめてもうちょっと美的にセンスある会場に移して、有料でも良いから綺麗に見せて欲しいものだ。

折角の歴史的な美術品が、薄汚く、粗末に見えてしまうではないか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。